吉野家ホールディングスが7月9日に発表した2019年3〜5月期の連結決算は、営業利益が10億4400万円となり、1億7800万円の赤字だった前年同期から黒字転換を果たした。

続けばいいけどねぇ~

NO.7604474
吉野家、「超特盛」が想定外ヒットで赤字脱却
吉野家、「超特盛」が想定外ヒットで赤字脱却
吉野家ホールディングスが7月9日に発表した2019年3〜5月期の連結決算は、営業利益が10億4400万円となり、1億7800万円の赤字だった前年同期から黒字転換を果たした。牛丼の新サイズの「超特盛」が想定以上にヒットし、客単価の引き上げに成功した形だ。

吉野家は3月、看板商品の牛丼で1991年に「特盛」を始めて以来28年ぶりに新しいサイズとなる超特盛と「小盛」を導入した。

肉の量は超特盛が「大盛」の2倍、小盛は「並盛」の4分の3となる。

超特盛は税込み価格で並盛より400円高い780円だが、発売後1カ月で100万食を達成した。

吉野家の広報担当者は「創業120周年の目玉商品として投入したが、ここまでヒットすると思わなかった」と話す。

さらに5月から提供を始めた「ライザップ牛サラダ」(税込み540円)も好調だという。

食べ応えを求める若年層を狙った超特盛と、健康志向の中高年層や女性らを狙ったライザップ牛サラダや小盛を投入する「二兎を追う」戦略が奏功した。

超特盛とライザップ牛サラダについては、顧客層の拡大に加え、客単価の向上にも寄与した。

これまでの吉野家の課題は「牛丼の並盛しか頼まない客が多い」(いちよし経済研究所..



【日時】2019年07月13日 07:00
【ソース】日経ビジネス
【関連掲示板】








#2 [匿名さん] :2019/07/13 10:42

単に値上げしたからやろ


#5 [匿名さん] :2019/07/13 10:43

並み2杯の方がお得


#8 [匿名さん] :2019/07/13 10:44

サイドメニュー少し増やしてほしい


#10 [匿名さん] :2019/07/13 10:44

やっぱ吉野家だよなあ


#11 [匿名さん] :2019/07/13 10:45

良かったね


#16 [匿名さん] :2019/07/13 10:48

やっぱり。地元の定食屋だよな〜(笑)
安い、旨い、半端ないボリューム


#17 [匿名さん] :2019/07/13 10:48

古河の「さかさ食堂」の大盛りナメんな!


#19 [匿名さん] :2019/07/13 10:50

住んでる地域によるのかもしれないけど、俺がよく行く吉野家では 「ライザップ牛サラダ」を食べている客をまだ見た事がない。
本当に あんな物を注文する客がいるのだろうか?