自殺を図ろうとした少女を踏切内から助け出したとして、兵庫県警明石署は県の善行表彰「のじぎく賞」を明石商業高校3年の小池太陽さん(17)に贈った。

まぁ・・・タイミングよく通り係りましたね^^

NO.7497632
踏切で自殺しようとした少女救出、高校生「とっさに体動いた」
踏切で自殺しようとした少女救出、高校生「とっさに体動いた」
自殺を図ろうとした少女を踏切内から助け出したとして、兵庫県警明石署は県の善行表彰「のじぎく賞」を明石商業高校3年の小池太陽さん(17)に贈った。

「とっさに体が動いた。当たり前のことをしただけ」と小池さんは話した。

小池さんは今月11日午後10時半ごろ、友人と食事をした帰りにJR大久保駅(明石市大久保町)東側の踏切を自転車で通りかかった。

そこですれ違った少女(16)が、踏切内で立ち止まった。

一度は通り過ぎたが、踏切の外側にかばんが置いてあるのに気付き、嫌な予感がした。

「ずっと無表情で、とにかく様子が変だった」と小池さんは振り返る。

警報音が鳴り出し、遮断機が下りた後も少女は動かなかった。

踏切の幅は約15メートル。

小池さんは慌てて中に入り、少女の手を引っ張った。

大久保駅に近づいてくる電車のライトが東の方に小さく見えたが、恐怖心はなかったという。

「人通りが少ない場所だったし、自分が助けるしかないと思い、とっさに体が動いた」と話す。

少女は抵抗し、踏切に戻ろうとした。

小池さんは体を押さえ「そんなことしたらあかんやろ」と制止した。

電車が通過し、少女は..



【日時】2019年05月30日 05:30
【ソース】神戸新聞








#7 [匿名さん] :2019/05/30 12:11

深夜徘徊で補導だろ


#10 [匿名さん] :2019/05/30 12:11

苦しまず*る方法があったら…日本人の自殺率はもっと高いんでしょうね


#14 [匿名さん] :2019/05/30 12:12

未成年の22時間時以降の出歩きは 補導対象となりやす


#15 [匿名さん] :2019/05/30 12:12

10時半までこいつ何してたの?


#18 [匿名さん] :2019/05/30 12:13

今生きてても また同じことするだけ