ローソンは、昨年大ブレイクした「悪魔のおにぎり」同様に“悪魔的にやみつき”な商品を拡大し、1月15日から改良した「悪魔のおにぎり」(110円/税込み)と「悪魔の焼うどん」(399円/同)を、22日から「悪魔のパン」(150円/同)、「悪魔のトースト」(125円/同)を発売する。

「悪魔のおにぎり」は、白だしで炊いたご飯に、天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたおにぎり。このレシピは“悪魔的に”やみつきになる美味しさとして、テレビSNSなどで話題になった。

特徴的なネーミングとくせになる味わいで、発売からの累計販売数は約1,700万個を突破(2019年1月9日現在)。ローソンおにぎりで20年以上にわたり販売数1位を堅持していた「シーチキンマヨネーズ」の販売数を、一時上回る大ヒット商品となっている。

今回は、これまでの商品にごま油とねぎを加えることで、さらに風味を良くした。また、天かす、あおさなどを使用した焼うどんとベーカリーも発売。さらに「やみつきになる」商品として、SNSで話題のチーズと砂糖を乗せトーストしたベーカリーも発売する。


(出典 news.nicovideo.jp)

ローソン殆ど行かないから・・・こんなのあったんだぁ~

<このニュースへのネットの反応>

悪くはなかった、悪魔とは名ばかりのゆるゆるでしたね。


試しに買って食べてみたが薄いツユの味と青のりの味しかしなかったぞ…?宣伝効果は高いかも知れないけど実際食べたら「こんなもんね?」って感じ。


正直セブンのツナマヨを越えるおにぎりはまだ無い


大ブレイクしたの?


一回食べて気に入ったので天*と青海苔を買ってきて自作してます。簡単で美味いね。


天*と刻み葱を醤油で和えたのに慣れてるから、天つゆのこいつは甘すぎて微妙だったな


うどんは普通に合うけど、パンはどうだろう…。これで当てればモスのてりやきバーガー並みのヒット作になる可能性を秘めている。


要するにたぬきむすびだからなぁ